離散数学 (全28問中6問目)

No.6

a,b,c,d,e,fの6文字を任意の順で1列に並べたとき,aとbが隣同士になる場合は,何通りか。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

a,bは必ず隣り合うので、a,bを一つの塊と考え「a,b」「c」「d」「e」「f」の5つの並びの組合せを考えます。

 5P5=5×4×3×2×1=120

5つの並び方は120通りがあり、さらにa,bの並び方には「a,b」「b,a」の2通りがあるので、

 120×2=240

合計で「240通り」が存在することになります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop