離散数学 (全28問中8問目)

No.8

次の真理値表で示される入力x,yに対する出力zが得られる論理演算式はどれか。
64.gif/image-size:112×119

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

AND演算は2つの入力が共に1の場合にだけ1を出力する論理演算、OR演算は2つの入力のどちらかが1であれば1を出力する論理演算です。
64_1.gif/image-size:350×180
またNOT演算は入力値の逆(1であれば0,0であれば1)を出力する論理演算なので、それぞれNOT(x AND y)はAND演算を、NOT(x OR y)はOR演算の結果を反転した真理値表になります。
64_2.gif/image-size:350×180
したがって設問の真理値表と一致する結果を出力する演算は「NOT(x OR y)」になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop