システム開発技術 (全95問中22問目)

No.22

システムテストで実施する作業の説明として,適切なものはどれか。
  • 検出されたバグを修正したときには,バグを検出したテストケースだけをやり直す。
  • 正常な値を入力したときのテストを優先し,範囲外の値の入力や必須項目が未入力のときのテストは省略する。
  • 設計書の仕様に基づくだけでなく,プログラムのコードを理解し,不具合を修正しながらテストする。
  • ソフトウエアの機能的なテストだけでなく,性能などの非機能要件もテストする。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

システムテストは、システムとしての要件が満たされているか検証するために行われるテストで、システム要件定義で定められた機能や能力がすべて備わっているかを確認する工程です。
機能テスト,性能テスト,サブシステム間の結合テスト,操作性テストなどに加えてシステムの耐障害性や安全性を確認するために、負荷テストや耐久テスト、例外テストなども含めた総合的なテストが実施されます。
  • 修正した部分だけでなく、他の正常な機能が影響を受けていないかについても検証します。
  • 不正な値が入力されたときのシステムの動作も検証します。
  • システムテストは通常ブラックボックステストで実施されるのでプログラムのコードを見ながらは行いません。
  • 正しい。性能や信頼性などもテスト要件に含みます。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop