システム開発技術 (全95問中25問目)

No.25

無停止のシステムを実現するために,システムの方式を設計するときの検討事項として,適切なものはどれか。
  • ソフトウェアの部品化
  • データの暗号化
  • ハードウェアの省電力化
  • ハードウェアの多重化

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

  • ソフトウェアの部品化は、次回開発時の再生産性やシステムの保守性のための行われます。
  • データの暗号化は、システムの安全性を高めるために行われます。
  • ハードウェアの省電力化は、無停止システムとの関連がありません。
  • 正しい。システムを無停止とするためには全てのハードウェアを多重構成にして、障害が発生したと同時に予備のハードウェアに切り替え、処理を継続させる仕組みが必要です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop