システム開発技術 (全95問中3問目)

No.3

システム開発のプロセスには,ソフトウェア要件定義,ソフトウェア方式設計,ソフトウェア結合テスト,ソフトウェア導入,ソフトウェア受入れなどがある。システム開発の関係者を開発者側と利用者側に分けたとき,ソフトウェア受入れで実施する作業はどれか。
  • 開発が完了したソフトウェアを,開発者側が本番環境に配置する。
  • 開発者側が利用者側にヒアリングを行って,ソフトウェアに要求される機能,性能を明確にする。
  • ソフトウェアが要件を満たしていて,利用できる水準であることを,利用者側が確認する。
  • ソフトウェア要件定義書が利用者側のニーズを満たしていることを確認するために,開発者側がレビューを行う。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

ソフトウェア受入れは、開発を発注した側(利用者側)が、完成したシステムに対して要求した機能や性能が満たされているかを検証するプロセスです。受入れテストは、利用者が業務などで実際に使用するデータや操作方法を使って行われます。一般的には、受入れテストにパスすれば納品手続きに進むことになります。
  • ソフトウェア導入で実施する作業です。
  • ソフトウェア要件定義で実施する作業です。
  • 正しい。ソフトウェア受入れで実施する作業です。
  • ソフトウェア要件定義で実施する作業です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop