システム開発技術 (全95問中34問目)

No.34

ファンクションポイント法の説明はどれか。
  • 外部入力や外部出力などの機能の数と難易度を基に開発規模を見積もる。
  • 過去の類似プロジェクトの実績を基に開発規模を見積もる。
  • ソフトウェアのソースコードの行数を基に工数を見積もる。
  • プロジェクトの作業を最も詳細な作業に分割してそれぞれの工数を見積もり,集計することによって全体の工数を見積もる。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

  • 正しい。ファンクションポイント法は、ソフトウェアの見積りにおいて、外部入出力や内部ファイルの数と難易度の高さから論理的にファンクションポイントを算出し、開発規模を見積もる手法です。
  • 類推見積法の説明です。
  • プログラムステップ法の説明です。
  • 標準タスク法の説明です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop