サンプル問題1 問66

問66

AさんはBさんにメールを送る際に“cc”にCさんを指定,“bcc”にDさんとEさんを指定した。このときの説明として,適切なものはどれか。
  • Bさんは,AさんからのメールがDさんとEさんに送られているのは分かる。
  • Cさんは,AさんからのメールがDさんとEさんに送られているのは分かる。
  • Dさんは,AさんからのメールがEさんに送られているのは分かる。
  • Eさんは,AさんからのメールがCさんに送られているのは分かる。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

電子メールは送信先を指定するときに、単一のあて先に送る to以外に、cc と bccを指定することができます。
cc(カーボンコピー、Carbon Copy)
toで指定した送信先以外に、メールのコピーを送信しておきたい相手を指定する。
toの相手及びccで指定した相手に、あて先のすべてが公開される。つまり送信者、toの相手、ccの相手の3者間ではメールのアドレスが全員に知られることになる。
bcc(ブラインドカーボンコピー、Blind Carbon Copy)
toで指定した送信先以外に、メールのコピーを送信しておきたい相手を指定する。
ccとは違い、toの相手と ccの相手の相互間で電子メールアドレスを知られたくない場合に使用します。
電子メールは情報を送信するのに手軽な方法ですが、複数の相手に送信する場合には時と場合によりto/cc/bccを適切に使い分けるには高度なネチケット知識が必要となってきます。
  • Dさん,Eさんへは"bcc"を指定しているので、Bさんには宛先が通知されません。
  • 「ア」と同様で、Cさんには通知されません。
  • "bcc"を指定したあて先同士でも、"bcc"を指定した他のあて先情報を通知されません。
  • 正しい。"cc"を指定したCさんへの送信は、"to"の相手であるBさんおよび"bcc"を指定したDさん,Eさんに通知されます。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop