オリジナル予想問題1 問11

問11

関連する複数の要因の関係を整理し,結果とその原因の関係を魚の骨のような図で表わす手法はどれか。
  • 系統図
  • 親和図法
  • 特性要因図
  • 連関図法

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

特性要因図(とくせいよういんず)は、特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表わした図です。直接的な原因と間接的な原因に分別したり、真の問題点をはっきりさせる効果があります。
特性要因図は、魚の骨のような図に見えることから、フィッシュボーンダイアグラムとも呼ばれています。
11.gif/image-size:244×151
  • 系統図は、問題を段階的に展開していき「目的と手段」の関係で表した図です。問題に対する最適な策を見い出すために使用されます。
  • 親和図法は、幾つかある情報を似ているものでグループ化した図です。KJ法の別名です。
  • 正しい。
  • 連関図法は、原因と結果などの複雑に絡み合った問題を、要素間の関係を図解で表わす手法です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop