オリジナル予想問題1 問13

問13

企業倫理に基づき,ルール,マニュアル,チェックシステムなどを整備し,法令や社会規範を遵守した企業活動を行う経営方針を何というか。
  • アメーバ経営
  • コアコンピタンス経営
  • コンプライアンス経営
  • トップダウン経営

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

コンプライアンスとは、法律や各種ガイドライン・基準及び社会的倫理などを守ることをいいます。企業内にこれらの遵守するためのルールやマニュアルを整備し、法令や社会規範を遵守した企業活動を行うことをコンプライアンス経営といいます。近年、法令違反が原因で事業の存続が困難になってしまうケースが繰り返されているため、組織の自衛策として非常に重視されています。

したがって「ウ」が正解です。
  • アメーバ経営は、社内組織を小さなグループに分け、全体を構成する一部の機能として相互作用的に活動させる組織構造をもつ経営です。
  • コアコンピタンス経営は、企業の活動分野において、競合他社にはまねのできない卓越した能力を活かした経営を行うことです。
  • 正しい。
  • トップダウン経営は、経営層や一部の幹部が主導的に決定した事業方針が上位から下位に伝えられていき、従業員は上層部の決定内容に従って業務を遂行するという組織構造をもつ経営です。経営方針に一貫性が生まれスピーディな意思決定が可能になる一方、現場の意思が経営に反映されにくい特徴があります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop