オリジナル予想問題1 問20

問20

企業のアカウンタビリティについて説明したものはどれか。
  • 既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し,職務,業務フロー,管理機構,情報システムを再設計するという考え方
  • 生産・在庫・購買・販売・物流などすべての情報をリアルタイムに交換することによってサプライチェーン全体の効率を大幅に向上させる手法
  • 説明責任企業が事業活動を営む上で、社会に与える影響に責任を持ち、あらゆるステークホルダからの要求に対し適切な説明を果たすための取組
  • 長年の企業活動により蓄積された他社と差別化できる企業独自のノウハウや技術

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

アカウンタビリティは、アカウンティング(会計)とレスポンシビリティ(責任)の合成語で、「説明責任」と訳されます。

元は出資者に対する会計報告のことでしたが、現在では意味が拡張され、「広く社会に影響をもちうる活動を行う団体が、利害関係者に対して、その活動や権限行使の予定、内容、結果等の報告をする必要がある」とする考え方を表しています。
  • BPR(Business Process Reengineering)の説明です。
  • SCM(Supply Chain Management)の説明です。
  • 正しい。
  • コアコンピタンスの説明です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop