オリジナル予想問題1 問26

問26

企業会計における指標の一つで,流動負債を流動資産がどの程度上回っているかを示し,比率が高いほど安全な企業経営であることを表すものはどれか。
  • 固定比率
  • 自己資本比率
  • 負債比率
  • 流動比率

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

流動比率(りゅうどうひりつ)とは、貸借対照表における流動資産と流動負債の比率を示す数値です。数値が高いほど企業の短期支払い能力は高いと考えられるため、経営の安全度を測るための指標になっています。

 流動比率=流動資産÷流動負債×100

したがって「エ」が正解です。
  • 固定比率は、固定資産と自己資本の比率を示す数値で、長期的な安全性を測る指標として使われます。
     固定比率=固定資産÷自己資本×100
  • 自己資本比率は、企業が運用しているお金全体に対する自己資本の割合を示す数値です。一般企業であれば、自己資本比率が30%以上であるのが望ましいとされています。
     自己資本比率=自己資本÷総資本×100
  • 負債比率は、自己資本に対する他人資本(負債)の割合を示す数値です。この数値が低いほど借金が少なく財務が安定している会社といえます。
      負債比率=他人資本÷自己資本×100
  • 正しい。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop