オリジナル予想問題1 問43

問43

プロジェクトの工程管理や進捗管理に利用されるガントチャートの特徴として,適切なものはどれか。
  • 各作業の開始時点と終了時点が一目で把握できる。
  • 各作業の順序が明確になり,クリティカルパスが把握できる。
  • 各作業の余裕日数が容易に計算できる。
  • 重点的に管理すべき作業が容易にわかる。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

ガントチャート(Gantt chart)は、縦軸に作業項目・横軸に時間をとり、作業に必要な期間を横棒の長さで表記する図法です。作業項目同士の日程的な重なりがわかりやすいので日程計画の策定に使用されたり、計画と実績を並べて表記することで進捗度を管理する方法として使用されます。
43.gif/image-size:469×224
ガントチャートの特徴として適切な記述は「ア」のみで、残りの3つはすべてPERT図(アローダイアグラム)の特徴です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop