オリジナル予想問題1 問47

問47

高信頼化システムの考え方であるフォールトアボイダンスを考慮した設計方針はどれか。
  • システムを構成する機器に故障しにくいものを採用し,故障そのものの発生確率を低くする。
  • システム障害や故障が発生した時に,常に安全側にシステムを制御する。
  • 障害が発生した場合,性能を低下させてもシステム全体は停止させずに,継続に必要な機能を維持させる。
  • 不特定多数の人が操作したり,予想外の使われ方をしてもシステムの誤動作が起こりにくいように設計する。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

フォールトアボイダンス(Fault Avoidance)は、システムを構成する要素を、稼働率が高いものなど信頼性の高いものに取り換えることでシステム全体の信頼性を向上させ、故障自体を排除したシステムを設計するという考え方です。
  • 正しい。フォールトアボイダンスの考え方です。
  • フェールセーフの考え方です。
  • フェールソフトの考え方です。
  • フールプルーフの考え方です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop