オリジナル予想問題1 問48

問48

次の記述のうち,公開鍵暗号方式と比較したときの共通鍵暗号方式の特徴として適切なものはどれか。
  • ディジタル署名の技術に使用されている。
  • 暗号化・復号化に要する計算量が多い。
  • 事前に安全な方法で通信相手に鍵を送付しておく必要がある。
  • 代表的な実装方式としてRSAがある。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

  • ディジタル署名の技術に利用されているのは、公開鍵暗号方式の技術です。
  • 共通鍵暗号方式では、公開鍵暗号方式と比べて計算量が少ないため暗号化・復号化にかかる時間は短くなります。
  • 正しい。共通鍵暗号方式では暗号化通信に先だって通信相手のもとへ安全に鍵を届ける必要があります。公開鍵暗号方式では、この点が改善され事前の鍵の送付は必要ありません。
  • RSAは、公開鍵暗号方式の代表的な実装方式です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop