オリジナル予想問題1 問64

問64

磁気ディスク装置と比較した場合のSSD(solid state drive)の特徴として適切でないものはどれか。
  • シークタイムが無いためランダムアクセス性能に優れている
  • 磁気ディスク装置より振動・衝撃に強い
  • 省電力,動作音がしないので静かである
  • 容量単位の価格が磁気ディスク装置より安い

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

SSD(Solid State Drive)は、記憶媒体としてUSBメモリと同じフラッシュメモリを用いる補助記憶装置で、HDDの代替として利用できます。

SSDは、機械的、機構的なものがないためHDDと比較して幾つかの利点があります。
  1. シーク動作や回転待ちがないのでランダム読み出しが速い
  2. 対衝撃性が高く、読み書き中の衝撃にもある程度は耐えられる
  3. 低消費電力・低発熱・低騒音である
  4. 小型で軽量である
  5. 故障率が低い
ただし素材の特性上書き換え可能回数に上限がある(一般に10000回程度)ということや、容量単位の単価がHDDと比べて高いという問題点もあります。

したがって誤っている記述は「エ」です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop