サンプル問題2 問26

【問23〜26は中問形式の出題です。中問Aの問題文を読んでから回答してください。】

問26

システム管理者のNさんは,Mさんに,“最近,WinnyやShareなどのピアツーピアと呼ばれるソフトウェアが原因で引き起こされる事故が多い。そのために,この規定では, の項目が設けられている。”と説明した。 に入れる〔新規PCの初期設定に関する規定〕の番号として,適切なものはどれか。

分類

テクノロジ系

正解

解説

ピアツーピア(Peer to Peer, P2P)は、多数の端末間で通信を行う際の一形態です。
クライアントサーバシステムのようにサービスを要求する側・提供する側という端末ごとの区別はなく、サービス要求のときは自分と同じ対等の端末に直接アクセスする。また同様に自分の端末でもサービス要求を受け付けることもある。このようにどの端末もクライアントにもなればサーバにもなるという通信形態が特徴のひとつとなっています。

WinnyやShareなどはこれらのソフトがインストールされた端末同士でP2Pのネットワークし、ほかのノードとファイルを共有する機能を持ったソフトウェアです。これらのP2Pネットワークには「Antinny」や「山田オルタナティブ」などのウイルスに感染したファイルが多数存在し、ネットワークを介して感染するとコンピュータ内のファイル(特にデスクトップやマイドキュメントの中身、Outlook Expressのメールなど)を勝手にWinnyなどを通して共有する機能を持っています。これらは暴露ウイルスと呼ばれ、個人情報や、政府や各企業の機密情報が漏れ社会問題化しています。

P2Pソフトは初期設定でインストールされているソフトウェアではなく、利用者が任意でインストールするソフトなので、(4)「担当部門で支給されたアプリケーションソフトウェア以外のソフトウェアをインストールするときは,担当部門長の許可を得る。」の規定を遵守させることは、P2Pソフトウェアによる情報漏えいから未然に組織を守ることにつながります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop