サンプル問題2 問30

【問27〜30は中問形式の出題です。中問Bの問題文を読んでから回答してください。】

問30

Fさんは,都道府県別の先月の売上実績を表にまとめることにした。会員の住所を基に,都道府県別の先月の売上実績を算出する手順として適切なものはどれか。
  • (1) 会員番号をキーとして,販売実績データと会員台帳を結合する。
    (2) 会員番号を基に,結合した情報を整列する。
    (3) 同一の会員番号の金額の合計を求める。
    (4) 住所1を基に整列する。
    (5) 同一の都道府県単位に,金額の合計を求める。
  • (1) 会員番号をキーとして,販売実績データと会員台帳を結合する。
    (2) 住所1を基に,結合した情報を整列する。
    (3) 同一の都道府県単位に金額の合計を求める。
  • (1) 販売日付を基に,販売実績データから先月のデータを抽出する。
    (2) 会員番号をキーとして,抽出した販売実績データと会員台帳を結合する。
    (3) 住所1を基に,結合した情報を整列する。
    (4) 同一の都道府県単位に,金額の合計を求める。
  • (1) 販売日付を基に,販売実績データから先月のデータを抽出する。
    (2) 会員番号を基に,抽出した販売実績データを整列する。
    (3) 同一の会員番号の金額の合計を求める。

分類

テクノロジ系

正解

解説

都道府県別の先月の売上実績ですので、必要となる項目は次のとおりです。

 都道府県別→会員台帳"住所1"
 先月→販売実績データ"販売日付"
 売上実績→販売実績データ"金額"

まず商品別の月間売上げ実績を算出したときと同様に、販売実績データの中で先月分の売上である行を抽出します。
次に抽出した各行がどの都道府県での売上であるかを判別するためには、販売実績データの"会員番号"と会員台帳の"会員番号"をキーとして2つの表を結合します。この操作によって販売実績データの"会員番号"と、会員台帳の各行が関連つけられます。
最後に住所1を基に、同一の都道府県ごとにグルーピングを行いグループごとに"金額"の合計を求めます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop