オリジナル予想問題2 問24

問24

特許権の付与に関して異なった日に二つ以上の同一特許出願が競合した場合,我が国の特許法において優先的に取り扱われる者はどれか。
  • 抽選によって選ばれた者
  • 特許の出願実績が最も多い者
  • 最も先に出願した者
  • 最も先に発明した者

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

特許法は、第1条に「この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。 」とあるように、発明をした者にその発明を独占して使用できる権利を与えることで、知的財産を保護し、その発明を公開することにより産業の発展を促進させる目的で制定された法律です。

の同一特許出願が競合した場合については、第39条に記されています。
第39条によると「同一の発明について異なつた日に二以上の特許出願があつたときは、最先の特許出願人のみがその発明について特許を受けることができる。」とあるので、正しいのは「ウ」ということになります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop