初級シスアド 平成20年秋期 問15

問15

システムの信頼性指標に関する記述のうち,適切なものはどれか。ここで,MTTRはMTBFに対して無視できるほど小さいものとする。
  • MTBFが1/2になると稼働率は1/2になる。
  • MTBFが1/2になると故障発生率は1/2になる。
  • MTBFが2倍になると稼働率は1/2になる。
  • MTBFが2倍になると故障発生率は1/2になる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

稼働率と、MTBF,MTTRはシステムの信頼性や可用性を評価するのに使われる指標で、次の式に示す関係があります。
MTBF(Mean Time Between Failures)
システムの修理が完了し正常に稼働し始めてから、次回故障するまでの平均故障間隔
MTTR(Mean Time To Repair)
システムの故障を修理するために要した平均修復時間
稼働率=MTBF/(MTBF+MTTR)
  • MTBFが1/2のときの稼働率は以下の式で表せます。

     (MTBF×1/2)/(MTBF×1/2+MTTR)

    「MTTRはMTBFに対して無視できるほど小さい」という設問の条件を適用すると、式の値はほぼ1(倍)になります。つまり前の稼働率と変わりません。
  • MTBFが1/2になるということは、故障回数が2倍になったことを意味します。
  • MTBFが2倍のときの稼働率は以下の式で表せます。

     (MTBF×2)/(MTBF×2+MTTR)

    式の値はほぼ1(倍)になるため、前の稼働率と変わらないことがわかります。
  • 正しい。MTBFが2倍になるということは、故障回数が1/2になったことを意味します。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop