初級シスアド 平成20年秋期 問24

問24

SGMLの説明として,適切なものはどれか。
  • HTMLやXMLの基となった言語であり,文書の論理構造を記述するために用いられる。
  • HTMLを拡張した言語であり,ブラウザ上で画像や文書を表示するときに用いられる。
  • 電子楽器間の通信方式の規格であり,音楽データを処理するときに用いられる。
  • 標準ページ記述言語であり,フォーマット(整形)済み文書の交換などに用いられる。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » その他の言語

正解

解説

SGML(Standard Generalized Markup Language)は、文書を電子的に変換するための汎用マークアップ言語で、文書の中にタグを埋め込んで、書体や文字の大きさ、段落などを記述することができます。タグを用いたマークアップ言語であるHTMLやXMLのベースになった言語仕様です。
  • 正しい。
  • SGMLを拡張して策定された言語がHTMLであるため記述は誤りです。
  • MIDI(Musical Instrument Digital Interface,ミディ)の説明です。
  • PDF(Portable Document Format)の説明です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop