初級シスアド 平成20年秋期 問35

問35

システム開発におけるテストでは,小さな単位から大きな単位へ,テストを積み上げていく方法が採られることが多い。このとき,テストの適切な実施順序はどれか。
  • システムテスト→結合テスト→単体テスト
  • システムテスト→単体テスト→結合テスト
  • 単体テスト→結合テスト→システムテスト
  • 単体テスト→システムテスト→結合テスト

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

テスト工程は単体テスト→結合テスト→システムテストの順で実施されます。
単体テスト
プログラムがモジュール単位で正常に動作するかを確かめるテスト工程。ソースコードの作成者がプログラムの内部設計書に基づいてホワイトボックステストを実施し、要求性能を満たしているかを確認する。
結合テスト
単体テストが完了した2つ以上のモジュールを組み合わせて動作させることで、モジュール間のインターフェースに関するエラーを検出することを目的としたテスト工程。テスト手法には、ボトムアップテスト、トップダウンテスト、ビッグバンテストなどがある。
システムテスト
システムとしての要件が満たされているか検証するために行われるテストで、システム要件定義で定められた機能や能力がすべて備わっているかを確認する工程。機能テスト、性能テスト、サブシステム間の結合テスト、操作性テストなどに加えてシステムの耐障害性や安全性を確認するために、負荷テストや耐久テスト、例外テストなども含めた総合的なテストが実施される。
したがって適切な順序は「ウ」です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop