初級シスアド 平成20年秋期 問46

問46

図やチャートの使い方に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 記憶装置の容量とアクセス速度の関係を示すために,フローチャートを用いる。
  • 緊急時の電話連絡の順序を示すために,ガントチャートを用いる。
  • システム開発プロジェクトの進捗悪化の原因を把握するために,特性要因図を用いる。
  • 文房具購入の一連の手続きを示すために,連関図を用いる。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

  • 2項間の関連性を分析するときは散布図を使用します。
  • ガントチャートは、プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いられる表です。連絡網や組織図の作成には系統図法が使用されます。
  • 正しい。特性要因図は、特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表した図です。直接的な原因と間接的な原因に分別したり、真の問題点を明確にする効果があります。問題の原因を分析する用途に最適です。
  • 思考の流れや一連のプロセスを図示するためにはフローチャートを使用します。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop