初級シスアド 平成20年秋期 問64

問64

損益分岐点に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 固定費が変わらないとき,変動費率が低くなると損益分岐点は高くなる。
  • 固定費が変わらないとき,変動費率の変化と損益分岐点の変化は正比例する。
  • 損益分岐点での売上高は,固定費と変動費の和に等しい。
  • 変動費率が変わらないとき,固定費が小さくなると損益分岐点は高くなる。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H14春 問75
  • 基本情報技術者 H22春 問77

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

解き方としては、損益分岐点を求める公式に、当てはめて考えることで正誤を判断していきます。

 損益分岐点=固定費÷(1−変動費率)

この公式を見ると、固定費または変動費率が小さいほど、損益分岐点は低くなる関係にあることがわかります。
  • 逆で変動費率が低くなると、損益分岐点は低くなります。
  • 例)固定費100として、
     変動費率 0.2 → 100÷(1−0.2)=125
     変動費率 0.5 → 100÷(1−0.5)=200
     変動費率 0.8 → 100÷(1−0.8)=500
    となり、正比例はしません。
  • 正しい。損益分岐点とは、売上と費用(固定費+変動費)が同じ金額になり、利益がゼロとなる売上高のことです。
  • 逆で固定費が小さくなると損益分岐点は低くなります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop