初級シスアド 平成20年秋期 問9

問9

メモリリークが発生すると予測されるか又は発生した場合に,被害を少なくするために有効な方法として,適切なものはどれか。
  • 定期的に仮想記憶で使用する磁気ディスクの媒体チェックを行う。
  • 定期的にシステムを再起動する。
  • 定期的にメモリダンプを採取する。
  • 複数のアプリケーションを同時に起動する。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

メモリリーク(Memory Leak)は、コンピュータの動作中に使用可能な主記憶容量が徐々に減少していく状態を表します。アプリケーションが「自身で獲得したメモリの解放忘れる」などのプログラム不備などが原因で発生します。leakは漏えい、漏れ出すなどの意味です。
メモリリークの原因となっているアプリケーションを特定し修正するのが根本的な解決法ですが、原因不明の場合にはOSを再起動します。再起動によりメモリが強制的に解放されます。

したがって「ウ」が正解です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop