初級シスアド 平成21年春期 問13

問13

システムの平均故障間隔は360時間で,故障の修復に平均40時間かかっている。このシステムの稼働率の向上を図るために,190時間に1回の割合で定期的に保守を実施することにした。この定期保守のために,システムを平均10時間停止させるが,これによって故障は起きなくなる。定期保守を実施する場合としない場合の,システム稼働率の差は幾らか。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

システムの稼働率は、

 平均故障間隔/(平均故障間隔+平均修理時間)

で計算することができます。

定期保守を実施しない場合の稼働率は、

 360/(360+40)=0.9

定期保守を修理時間に置き換えて考えると、定期保守を実施した場合の稼働率は、

 190/(190+10)=0.95

したがって稼働率の差は、「0.050」になります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop