初級シスアド 平成21年春期 問18

問18

Webサーバに対するアクセスがどのPCからのものであるかを識別するために,Webサーバの指示によってブラウザに利用者情報などを保存する仕組みはどれか。

分類

テクノロジ系 » マルチメディア » マルチメディア技術

正解

解説

Cookie(HTTP cookie,クッキー)とは、インターネットにアクセスしてきたクライアントに対してWebサーバ上からそのクライアントのパソコン上にデータを保存する仕組みです。データには期限が決められていて一定期間を過ぎると無効となります。Webサーバは次回のアクセス時にこのCookieの情報(前回入力したユーザの情報や、最終訪問日など)を読み出して利用します。Cookieの利用によってユーザはログイン時にユーザIDなどを入力する手間が省けたりする利点があります。

Cookieの最も代表的な用途は、ショッピングサイトにおけるカートやログイン状態の管理です。またWebページ閲覧に関する各種のアクセス情報をユーザ動向から得るために、Webサイト運営者やインターネット広告配信業者でも用いられることが多くなっています。
  • Common Gateway Interfaceの略。クライアントの要求に応じて、インタラクティブな(動的な)Webページを提供する仕組みです。電子掲示板,アクセスカウンタなどがCGIの技術を使ったコンテンツです。
  • 正しい。
  • Secure Soket Layerの略。ディジタル証明書を利用した改ざん検出、ノード認証を含む統合セキュアプロトコルです。
  • Uniform Resource Locatorの略。インターネット上のリソース(資源)を特定するための形式的な記号の並びであり、プロトコル名、ホスト名、パス名などを指定することで、インターネット上のファイルやサービスの場所を指定します。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop