初級シスアド 平成21年春期 問19

問19

情報分析と意思決定を支援する目的で,基幹業務システムからデータを抽出,再構成して構築されるデータベースを示す概念はどれか。
  • グループウェア
  • データウェアハウス
  • ピープルウェア
  • ファームウェア

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

データウェアハウスは、企業内に散在しているデータ資源を有効活用するために、基幹系データベースや外部のデータベースを整理・統合し意思決定プロセスを支援するためのデータベースです。
  • グループウェアは、組織内での情報の管理共有能力を高め、組織を効率的に運営することができるようにするための電子メール、掲示板、会議室予約などの機能が実装されているソフトウェアです。
  • 正しい。
  • ピープルウェアは、ソフトウェア・ハードウェアシステムの開発、使用に際する人間の役割、関連した様々なものなどハードウェアとソフトウェア以外のコンピュータ技術の側面を表す言葉です。
  • ファームウェアは、ハードウェアにROMなどの形で組み込まれ、ハードウェアを制御するプログラムです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop