初級シスアド 平成21年春期 問69

問69

パレート図が有効に活用できる事例はどれか。
  • 新製品の発表会に際し,会場の準備や関係者への連絡などに落ち度がないような計画を立てる。
  • 建物の設計・施工に際し,幾つかの作業をどのような手順で進めれば最短時間で完成するかを調査する。
  • 品質改善策の立案に際し,原因別の不良発生件数を分析し,優先取組みテーマを選択する。
  • ライフサイクルの短い商品の販売計画の策定に際し,競合他社の出方を想定して,幾つかの代替策を準備する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26春 問76

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用します。
  • チェックシートを用いることが効果的な事例です。
  • PERT図(アローダイアグラム)を用いることが効果的な事例です。
  • 正しい。
  • PDPC法(Process Decision Program Chart)を用いることが効果的な事例です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop