ITパスポート 平成21年秋期 問14

問14

業務で利用するデータの構造を分析し,抽出したエンティティとエンティティ間の関係をE-R図などで整理する手法はどれか。
  • データクリーニング
  • データクレンジング
  • データマイニング
  • データモデリング

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

データモデリングは、E-R図やUMLを用いて、業務プロセスや業務データを構造化し、組織化して表現することをいいます。
E-R図はデータ同士の関係を明確にすることができるため、関係データベースの設計時の業務モデルの作成に使用されます。
  • データクリーニングは、入力されたばかりの素データの誤りをシステムへの入力前にチェックする作業です。
  • データクレンジングは、システム間のデータ移行やデータ解析の際に、データの重複や表記の揺れを排除したり、正しいフォーマットに整理する作業です。
  • データマイニングは、データベースの大量のデータから統計的手法を使って、新しい関係性を発見する手法です。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop