ITパスポート 平成21年秋期 問25

問25

ソフトウェアライフサイクルプロセスにおいて,システム化計画の立案で行うべき作業はどれか。
  • 経営要求,課題の確認
  • システム要件の定義
  • 導入の費用対効果の予測
  • ベンダ企業の評価基準の作成

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

ソフトウェアライフサイクルプロセスとは、ソフトウェア開発において、ソフトウェアの構想から廃棄に至るまでの一連のライフサイクルのことです。
ソフトウェアライフサイクルプロセスは、
  1. 企画プロセス
  2. 要件定義プロセス
  3. 開発プロセス
  4. 運用プロセス
  5. 保守プロセス
の順番で進行していきます。

共通フレーム2007によれば「システム化計画の立案」は、企画プロセスに含まれるアクティビティということになっています。この「システム化計画の立案」で行うべき作業(タスク)のひとつとして、費用とシステム投資効果の予測が定義されています。
  • 企画プロセスの、「システム構想の立案」で行うタスクです。
  • 要件定義プロセスに含まれるタスクです。
  • 正しい。
  • システムを外部から調達する場合に適用される取得プロセスの「選択肢の検討」タスクです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop