ITパスポート 平成21年秋期 問27

問27

製品やサービスの価値を機能とコストの関係で把握し,体系化された手順によって価値の向上を図る手法はどれか。
  • 重要成功要因
  • バリューエンジニアリング
  • バリューチェーン
  • 付加価値分析

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営管理システム

正解

解説

バリューエンジニアリングは、商品や提供するサービスの「価値」を、その「機能」と「コスト」の関係で表し、価値を向上させることを目的とします。その3者の関係を式に表すと、以下のような式で表されます。

 価値(Value)=機能(Function)/コスト(Cost)

上記の式の意味は、機能と価値による顧客満足度の変化を表すことができます。機能が上昇したりコストが減少すれば顧客にとっての価値は上昇しますし、機能が低下したり、コストが上がれば価値は下がってしまいます。
  • 重要成功要因(CSF:Critical Success Factor)は、目標達成のために何が重要な成功要因かを明確化することです。
  • 正しい。
  • バリュー・チェーン(価値連鎖)は、購買した原材料等に対して、各プロセスにて価値(バリュー)を付加していくことが企業の主活動であるというコンセプトに基づいた経営手法です。
  • 付加価値分析は、会社が生み出した価値が、会社の関係者にどのように配分されているかに注目することです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop