ITパスポート 平成21年秋期 問36

問36

図は,リスクシミュレーションを基に,あるプロジェクトの見積りコストに対して最終的にその額に収まる確率を示したものである。現在,プロジェクトの予算として4,000万円を用意している。実際のコストが見積りコストを上回ってしまう確率を20%まで引き下げるためには,予備として,あとおよそ何万円用意することが妥当か。
36.gif/image-size:449×217

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

グラフをしっかり読み取れるかがポイントの問題です。

現在の予算は4000万円で、グラフから見積もりコストに収まる確率は15%(予算を上回る確率が85%)と読み取れます。
予算を上回る確率を20%まで引き下げたいのですから、見積もりコストに収まる確率が80%となる5000万円の予算が必要となり、現在の予算に追加してあと1000万円用意することが必要最小限の条件となります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop