ITパスポート 平成21年秋期 問4

問4

データマイニングとは,データベースに蓄積されている大量のデータに対し,統計やパターン認識などの手法を用いることによって,認識されていなかった規則性や関係性を導き出す技術である。データマイニングの応用分野として,最も適切なものはどれか。
  • 顧客に応じた商品の推薦
  • 生産計画に基づく製造機械の割当て
  • 店舗別商品カテゴリ別の売上高の集計
  • 累積購買金額による優良顧客の抽出

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

データから得られた新しい規則性・関係性を効果的にあつかった分野ということで考えると、正解は「ア」になります。
顧客データ(性別・年齢・購買履歴)の集計・分析から、顧客が興味を持っているカテゴリを導き出し商品を推薦します。ただのデータ抽出にとどまらず複数データ間の関係性を導き出しているのでデータマイニングを利用した分野を考えることができます。

その他の選択肢は、データベースからの通常の集計結果であり、新しい関係性を発見しているとはいえません。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop