ITパスポート 平成21年秋期 問43

問43

新しい業務ソフトウェアの開発が完了し,実環境へ導入することになった。当該ソフトウェアの導入時に必要な作業として,適切なものはどれか。
  • 業務実施状況監視やバッチ処理投入などに必要な運用コストの見積り
  • ディスク容量など,必要なハードウェア資源の確保
  • 当該ソフトウェアで実現する機能の決定
  • 当該ソフトウェアの開発工数の見積り

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

ソフトウェアの導入時に必要な作業としては「イ」が適切です。

「ア」「ウ」「エ」に関しては、見積もりなどはソフトウェアの開発の前に行うことであり、ソフトウェア完成後に行うことではありません。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop