ITパスポート 平成21年秋期 問46

問46

あるプロジェクトの関係者6人が,それぞれ1対1で情報の伝達を行う必要があるとき,情報の伝達を行うために必要な経路の数は少なくとも幾つになるか。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

問題文の言っている意味がわかれば簡単に解ける問題ですが、問題の言い回しを読み取れるかが勝負の分かれ道です。
問題にある情報伝達の経路とは、プロジェクトの関係者6人の中で人の組み合わせがいくつあるかということに言いかえることができます。

6人の中から2人を選ぶ組み合わせは、6C2の式で求められます。

 6C2=(6×5)/(2×1)=15

と計算され15通りの情報伝達経路があることがわかります。

また、

人を@〜Eとしてその組み合わせを列挙していく方法でも、
@とA,@とB,@とC,@とD,@とE
AとB,AとC,AとD,AとE
BとC,BとD,BとE
CとD,CとE
DとE

のように15通りの経路と答えを導き出すことが可能です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop