ITパスポート 平成21年秋期 問63

問63

関係データベースを利用する際に,データの正規化を行う目的として,適切なものはどれか。
  • 異機種のコンピュータ間の,データの互換性を保証する。
  • データが重複したり,データ更新の際に矛盾が生じたりしないようにする。
  • データベースをネットワークで利用する際に,伝送上許されない文字を除去する。
  • 複数の媒体にまたがるデータの格納領域を,一つの連続した格納領域に見せかける。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

関係データベースを設計する際に正規化を行う主な目的は、冗長性の排除、データの削除や更新のときに生じる可能性のあるデータ間の矛盾を防ぐことです。
表をデータ同士の関係によって分離することで、データの一元管理ができます。

冗長性(じょうちょうせい) …ある情報が必要最小限よりも数多く表現されること。余剰性。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop