ITパスポート 平成21年秋期 問87

問87

木構造を採用したファイルシステムに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 階層が異なれば同じ名称のディレクトリが作成できる。
  • カレントディレクトリは常に階層構造の最上位を示す。
  • 相対パス指定ではファイルの作成はできない。
  • ファイルが一つも存在しないディレクトリは作成できない。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

WindowsやMacOSなど最近のOSのファイルシステムを考えてみればわかります。

正しいのは「ア」で、同じ階層(場所)でなければ、同名のディレクトリが作成できます。
  • 正しい。
  • カレントディレクトリとは、現在作業中のディレクトリのことで、常に最上位であるとは限りません。
  • 相対パス指定でも、絶対パスと同じようにファイルの作成ができます。
  • 中身がない空ディレクトリも作成が可能です。というより先に空のディレクトリを作成しておいて、そこへファイルを移動することもたくさんあるはずです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop