ITパスポート 平成21年春期 問38

問38

ソフトウェア開発プロセスを“要件定義”,“システム設計”,“プログラミング”,“テスト”の各工程に区切って,この順に進める手法の長所はどれか。
  • 開発工程のどの時点でも,ソフトウェアの仕様変更に柔軟に対応できる。
  • 開発の進捗状況の把握が容易である。
  • 上流工程におけるレビューの工数が少なくて済む。
  • 利用者が,開発の早い時期にソフトウェアを試用できる。

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

ソフトウェアの開発モデルであるウォーターフォールモデルに関する問題です。
各工程を区切り、上流工程から下流工程に向かって流れるように進行していくウォーターフォールモデルには、現在開発がどの段階まで進んでいるのかが把握し易いという利点があり、大規模なシステム開発において比較的よく採用される手法です。
  • 成長モデルの長所です。
  • 正しい。
  • ウォーターフォールモデルでは工程の後戻りが難しく、上流の小さな設計ミスが下流では大きな問題になることがあるため、上流工程でのレビューにより時間をかける必要があります。
  • プロトタイプモデルの長所です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop