ITパスポート 平成21年春期 問45

問45

既に稼働中のシステムに機能を追加するために,プログラムの一部を変更した。本番稼働してよいかどうかを判断するために,稼働中のシステムに影響を与えることなくテストを行う環境として,最も適切なものはどれか。
  • プログラミング環境
  • ほかのシステム用のテスト環境
  • 本番環境
  • 本番環境と同等のテスト環境

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

変更が行われたプログラムを本番環境(現在稼動中のシステム)でテストすることは避けなければいけません。なぜならプログラムにバグが潜んでいた場合それが原因で最悪システムダウンの可能性もあり得るからです。

システム内のプログラムの一部を変更した場合、本番稼動前のテストは本番環境と同等のテスト環境で行うことがベストです。プログラミング環境でのテストでは他システムや周辺機器などとのインタフェースが検証できませんし、他のシステム用のテスト環境では環境の違いにより正確なテストが行われるとはいえません。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop