ITパスポート 平成22年秋期 問11

問11

本部が契約した加盟店に対して,営業権や商標の使用権,出店や運営のノウハウを提供し,その見返りとして加盟店からロイヤルティを徴収するという関係を有した小売り形態はどれか。
  • アウトレットストア
  • アンテナショップ
  • フランチャイズチェーン
  • ボランタリチェーン

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

フランチャイズチェーンは、流通におけるビジネスモデルの一つで、一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなどを提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約です。

フランチャイズチェーンの例としては、コンビニやラーメン店、小売業など様々な業種が存在しています。
  • いわゆるメーカー品や、ブランド品などを低価格で販売する店舗のことです。1980年代にアメリカ合衆国で誕生した新しい流通業(小売業)の形態。
  • 企業や自治体などが自社(地方)の製品の紹介や消費者の反応を見ることを目的として開設する店舗のこと。自己のアピールのために存在することもあります。
  • 正しい。
  • 多数の独立した小売事業者が連携・組織化し、商標使用・仕入れ・物流などを共同化し、これを行う事業形態のことです。 仕入先との取引が大口化され、仕入れ単価の引き下げが期待できるなどのメリットがあります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop