ITパスポート 平成22年秋期 問31

問31

業務をモデリングする際のモデリング手法の適切な組合せはどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

それぞれの業務モデリング手法をまとめておきます。
DFD(Data Flow Diagram)
業務プロセスを構造化分析する手法の一つでデータの流れに着目して、その対象となる業務のデータの流れと処理の関係をわかりやすく図式化する手法。
E-R図(Entity-relationship Model)
データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図。
データをモデル化する方法で、関係データベースの設計に利用されます。
PERT図(アローダイアグラム)
最適な作業計画を作るための図法で、作業の順序関係と必要日数などを矢印で結んで表現します。PERT図を用いることで作業の遅延が許されない工程(クリティカルパス)が一目でわかります。
つまり、業務プロセスモデルの作成にはDFD、データモデルの作成にはE-R図を用いることが適切であることになります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop