ITパスポート 平成22年秋期 問34

問34

システムを上流工程から下流工程まで順番に進めるとき,システムの利用者によるテストの段階で大幅な手戻りが生じることがある。それを防ぐために,早い段階で試作ソフトウェアを作成して利用者の要求事項を明確にする方法はどれか。
  • オブジェクト指向
  • スパイラルモデル
  • データ中心アプローチ
  • プロトタイピング

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

プロトタイピング(モデル)は、開発の早い段階から試作品(プロトタイプ)を作り、利用者の確認を得ながら開発を進めていく手法です。試作品を作ることでシステムについての誤解を早い段階で発見できるため、下流工程での手戻りの可能性を少なくすることができます。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop