ITパスポート 平成22年秋期 問35

問35

内部統制が有効に機能していることを継続的に評価するプロセスはどれか。
  • 暗号化対策
  • 災害復旧対策
  • ベンチマーキング
  • モニタリング

分類

マネジメント系 » システム監査 » 内部統制

正解

解説

内部統制は、企業の健全な経営を実現するために、その組織の内部において適用されるルールや業務プロセスを整備し運用すること、またはその結果確立されたシステムを指します。

内部統制には、
  1. 業務の有効性・効率性
  2. 財務報告の信頼性
  3. 法令遵守
  4. 資産の保全
の4つの目的があり、これらを達成するために、6つの基本的な要素があります。
統制環境
組織の環境(気風)を整えることで、統制に対する組織内のすべての者の意識に影響を与えるとともに、すべての基本的要素の基盤とする。
リスクの評価と対応
組織目標の達成に影響を与える事象のうち、組織目標の達成を阻害する要因をリスクとして識別、分析・評価しリスクに対応するプロセス。
統制活動
経営者の命令及び指示が適切に実行されることを確保するために定められる方針及び手続きのこと。(
情報と伝達
組織内で必要な情報が、正しく伝達・共有できる環境を整備すること。
モニタリング
内部統制が正しく機能していることを評価するプロセス。
ITへの対応
業務の実施に必要とする情報システムを取り入れることで、業務の有効性と効率性を高める体制をつくること。
つまり答えは「エ」のモニタリングです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop