ITパスポート 平成22年秋期 問46

問46

図のアローダイアグラムで示される日程のプロジェクトが開始されてから5週が経過した。各工程の進捗率が表に示すとおりの場合,プロジェクト完了の遅延につながる工程はどれか。ここで,今後の各工程の作業は,当初の予定どおり進むとする。
46.gif/image-size:448×249

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

アローダイアグラムの問題では、まずクリティカルパスをはっきりさせておきましょう。

A→E=8週
A→D→F=9週
B→F=9週
C→G=10週

したがってアローダイアグラムでは、 C→G の10週がクリティカルパスあることがわかります。

5週が経過して時点での進捗率を見ると、工程のなかで遅れが発生しているのが、BGであることがわかります。

 Bは終了していなければならないところ、 5×80%=4 で1週分の遅れ
 GはC工程の作業が終了してからの開始なので、5−2=3 で、3週分の作業が終了していなければならないところ、 8×25%=2 で1週分の遅れ

他の工程では遅れは出ていません。

BGのうち、クリティカルパス上であるのはG工程で、この工程でプロジェクト完了の遅延につながる遅れが生じていることがわかります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop