ITパスポート 平成22年秋期 問56

問56

文書の構造などに関する指定を記述する,"<" と ">"に囲まれるタグを,利用者が目的に応じて定義して使うことができる言語はどれか。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » その他の言語

正解

解説

XML(eXtensible Markup Language)は、ユーザが定義したタグを用いて文書構造を記述するマークアップ言語です。
HTMLが、Webページを記述するための言語であるのに対して、XMLは、データ交換のための汎用のデータ形式です。HTMLで使用するタグはあらかじめ定義済みのものですが、XMLではユーザが新しくタグを定義・使用することが可能になっています。
  • 事務処理計算向けに開発されたプログラム言語です。
  • Webページを記述するためのマークアップ言語です。
  • コンピュータの機種やOSに依存しないソフトウェアが開発できる、オブジェクト指向型の言語です。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop