ITパスポート 平成22年秋期 問63

問63

関係データベースを構築するに当たり,データの正規化を行う目的はどれか。
  • データにチェックサムを付与してデータベースの異常を検出する。
  • データの冗長性を排除して保守性を高める。
  • データの文字コードを統一して他のデータベースと連携しやすくする。
  • データを暗号化してセキュリティを確保する。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

関係データベースにおいて、データの正規化を行う主な目的は、
  1. データの冗長性(じょうちょうせい)の排除
  2. データの一貫性の確保と効率的なアクセスの実現
  3. 更新時に起きる異常や不整合の発生を防ぐため
以上の3点です。覚えておきましょう。

※データベースで使われる冗長性とは、必要最低限のものに加えて、余分や重複がある状態の意味。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop