ITパスポート 平成22年秋期 問8

問8

新規システムの構築を,新規開発又はパッケージ採用によって実施する場合の初期投資額,効果額,運用費,保守費が表の通りであるとき,初期投資額の回収年数が最少となるものはどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

まず効果額から運用費と保守費を引いて、1年間に実質的に効果が生じる額を求めます。

それから、初期投資額を実質効果額で割ることで回収年数が算出できます。
  • 1250÷{720−(240+180)}
    =1250÷300=4.1666…
  • 900÷{510−(170+90)}
    =900÷250=3.6
  • 800÷{440−(120+160)}
    =800÷160=5
  • 600 ÷ {300−(80+120)}
    =600÷100=6
計算結果から、初期投資額の回収期間が最小となるのは「イ」のシステム構築方法であることになります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop