ITパスポート 平成22年春期 問21

問21

システム開発案件A,B,Cのうち,採算性があるものはどれか。ここで,採算検討の対象期間はシステムのサービス開始後の5年目までとし,サービス開始後は,毎年,システムのメンテナンス費用が初期投資額の10%発生するものとする。
21.gif/image-size:407×99

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

問題文の条件を基に5年間の採算を計算してみましょう。

計算式は、
 (毎年のシステム効果×5)−(初期投資額+初期投資額×0.1×5) で、

簡略化すると
 (毎年のシステム効果×5)−(初期投資額×1.5) となります。

答えが正の値になれば採算性があると考えられます。

 A=80×5−250×1.5=25
 B=140×5−450×1.5=25
 C=200×5−700×1.5=-50

以上のように採算性があるのは AとBだとわかります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop