ITパスポート 平成22年春期 問23

問23

ABC分析の説明として,適切なものはどれか。
  • 不具合がどのような原因によって起きているのかなどを,魚の骨に似た図によって系統的に把握する手法
  • 二つの変数の間に関係があるかどうかを,収集したデータを用いて解析する手法
  • 母集団からサンプルを抜き取って検査を行い,サンプル中の不良個数によって母集団の品質を判定する手法
  • 優先的に管理すべき対象を明確にするために,売上金額などの累積構成比を基に重要度のランク付けを行う手法

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

ABC分析は、パレート図を使い分析対象の要素・項目群を大きい順に並べ、A・B・Cのグループに分けます。一般にAは上位70%を占める要素群、Bは70%〜90%の要素群、Cはそれ以外の要素群です。
ABC分析を行うことで、重要度や優先度の高い要素・項目を明らかにすることができる分析手法です。
  • 特性要因図の説明です。魚の骨のような記述法からフィッシュボーンダイアグラムとも呼ばれます。
  • 散布図の説明です。
  • 管理図の説明です。
  • 正しい。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop