ITパスポート 平成22年春期 問25

問25

著作者の了解を得ないで次の行為を行った場合,著作権法に照らして適法な行為はどれか。
  • 購入したCDの楽曲を自分のPCにコピーし,PCで毎日聴いている。
  • 購入したCDの楽曲を自分のホームページからダウンロードできるようにしている。
  • 自社製品に関する記事が掲載された雑誌のコピーを顧客に配布している。
  • 録画したテレビドラマを動画共有サイトにアップロードしている。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

著作権法では、私的利用の範囲での複製を認めています。私的利用の範囲というと、データのバックアップなどの目的で複製をつくるなどの行為がそれに該当します。

したがって私的利用の範囲内である「ア」は著作権法上での適法行為となります。正解以外の選択肢では、自分以外の不特定多数の人が自由に利用できる状態になってしまっているので著作権法的には違法行為になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop